未分類

お正月縁起物折り紙【富士山】の折り方 子どもにも簡単に作れる!

こんにちは。
今回は「富士山」の折り方をご紹介します。
お正月モチーフとしてはピンと来ないかもしれない富士山ですが、
「一富士二鷹三茄子」と言われて縁起物として昔から親しまれてきました。
ものすごく簡単なので子どもと一緒にサクサク折れちゃいますよ。

–見出し1–
富士山を折り紙で作る【準備するもの】

●折り紙 折りたい枚数
1枚で富士山が1つ折れます。
☆グレーや白よりもイメージですが水色が一番縁起良さそうです。

–見出し2–
折り紙の富士山の折り方

1.折り紙1枚を用意します。
今回使っているのは15㎝×15cmの折り紙です。
色のないほうを上に向けて写真のように置いて折り始めましょう。

2.まず角を合わせるようにして三角を折ります。

3.重なった上の一枚を写真のように3㎝くらい折り下げます。

4.開いて、先ほど折った部分を内側に折りなおします。

5.開いた部分を再び折ります。

6.ひっくり返して上下も逆に置きます。

7.写真のように角を少し折ります。

8.ひっくり返して写真のように置いたら完成です。

できれば立てて飾りたい“富士山”

手を加えてみたいと思います。

引き続き折り進めます!
9.裏返します。

10.写真のように底辺の部分を少し折ります。
裏表同じように折ります

11.完成です!
底にマチの部分ができたので、自立できそうですが両端のはみ出しが気になります。

12.両端がはみ出ていたのを内側に折ります

–見出し3–
一富士二鷹三茄子3つそろえて飾る

富士山だけではちょっとよくわかりませんよね。

ただの山好きっぽくなってしまいそうなので、
縁起物をそろえて飾っていただきたいと思います。

スケール感は折り紙の大きさを変えることで出すことができるので、
いろいろ試してみても面白いですよ。


画像の折り紙サイズ
・富士山  15㎝ ×15㎝

・鷹    15㎝ ×15㎝(2枚使用)

・ナス大  15㎝ ×15㎝

・ナス小   7.5㎝ ×7.5㎝

ナスは一つだけより、大小2つ飾るほうが可愛いですよ!

–まとめ文–
折り紙で作る富士山の作り方まとめ

今回の富士山はかなり簡単だったのではないでしょうか。

三角が折れて、角を少し折れるなら未就園児の小さな子どもにも簡単で
すぐに折れちゃうはずです。

たくさん折りたくなって、富士山だらけになるかもしれませんね。

たくさん作れたら中にメッセージを書いておじいちゃん、
おばあちゃんに年賀状の代わりに渡しちゃいましょう♪

お正月の縁起物なので喜んでもらえると思います。