未分類

折り紙の竹の折り方!お正月の松竹梅の「竹(笹)」を折ってみよう

こんにちは。
子どもと一緒に折り紙で作れる「竹」の折り方を紹介します。
お正月に飾る「松竹梅」の“竹”!
折り紙でも折ることができますよ。

子どもと一緒に折るときは手伝ってあげてくださいね。
折るのは竹の葉っぱの部分、「笹」になります。

–見出し1–
竹を折り紙で作る【準備するもの】

●折り紙 折りたい枚数
1枚で竹(笹の葉)が1つ折れます。

–見出し2–
折り紙の竹(葉っぱ)の折り方

1.折り紙1枚を用意します。
今回使っているのは15㎝×15cmの折り紙です。
色のあるほうを上に向けて折り始めます。
まず角と角を合わせるように横半分に折ります。

2.開いて縦半分にも折ります。

3.写真のように一度開きます。

4.裏返します。

5.角を中心に合わせて折ります。

6.4つの角すべてを折ります。

7.写真のように置きなおします。

※このほうが分かりやすいので置きなおしました

8.裏返します。

9.半分に折り、赤色点線で折ります。

10.左も同じように折ります。

11.いったんもとにもどします。

12.ひっくり返して逆さに置きます。

13.写真の矢印の部分を開きます。

※開いたときに赤線の部分に気を付けてください(あとで解説しています)

14.真ん中の部分を左に倒します。

15.右側も同じように開いて折り、真ん中にある部分を右に倒します。

16.写真のようになります。

17.裏返して赤色点線で上に折ります。

18.写真の赤線を黒線にあわせるように開きながら折ります。

※写真の赤丸のような形にするのが難しいです

19.右も同じように折ります。

20.写真の赤色点線で折ります。

21.左も同じように折ります。

22.写真のように上の三角を下におろします。

23.写真の赤線を黒線にあわせるように折ります。

24.右も同じように折り、赤色点線で上に折ります。

ひっくり返して完成です!

–見出し3–
【竹の折り方】間違えやすいところ

工程13の開いて折る部分は、合わせる位置を間違えやすく感じました。

このように折ってしまったんです。

こうなると次の段階で真ん中部分を左に倒すと全然違う形になってしまいます。

左右間違えてから気づきました。

本来はこうです。

私のような間違いをしないように気を付けていただければと思います。

松・竹・梅の3つ一緒に飾ると、お正月らしくなります。

–まとめ文–
折り紙で作る「竹」の作り方まとめ

お正月に飾る門松に使われていて縁起物としても有名な「松竹梅」。
その中の“竹”の葉っぱの折り方を紹介しました。

竹の筒の部分だけではなく、笹を使った門松もあるので
折り紙や画用紙などでミニ門松を手作りする機会があれば、
ぜひ使ってもらいたいです。

少しだけ間違いやすい部分もあるので、ゆっくりじっくり折ってみてください。