未分類

折り紙のイチゴの折り方!女の子が喜ぶ簡単でかわいい食べ物系♪

こんにちは。

今回は初夏にピッタリの食べ物系折り紙
『いちご』の折り方を紹介します。

ちょっと複雑なところがあって
子ども1人では難しいと思うので
ぜひ一緒に折ってみてくださいね♪

イチゴはモチーフとしても女の子に人気です☆

食べておいしい、作って可愛いいちご
折っていきましょう!!

–見出し1–
かわいいいちごを折り紙で作る【準備するもの】

●折り紙
1枚でイチゴを1つ折れます。

●マジック・・・ヘタの色を付けたり種を描くのに使います

 

–見出し2–
折り紙のいちごの折り方

1.折り紙1枚を用意します。
色のないほうを上に向けて折り始めましょう。

2.まず横半分に折って折りすじを付けたら開きます。
同じように縦半分にも折りすじを付けます。

3.赤色点線で中心に向かって折ります。

4.青色点線で内側に向かって折ります。

5.裏返して、半分に折ります。

6.赤色点線で上に折ります。

7.写真のように折って、折り目を付けます。

8.反対側も同じように折り目をつけたら
写真のように左右を真ん中で合わせます。

9.合わせた部分を倒します。

10.写真のように三角に折りたたみ
矢印のように引き出して折ります。

11.反対側も同じように折り、
白色点線で折ります。

12.赤色点線で向こう側に折ります。

13.角をとるように折ります。

表に向けるとイチゴの完成です!

–見出し3–
子どもにはちょっと難しいポイント

手順10くらいからちょっとわかりにくくなってきます。

折り重ねるので折りづらくもなってくるので
一緒に教えてあげながら折ってみてくださいね。

 

完成形は
ちょっと細身のいちごになりますよ(^◇^)

 

普通の折り紙で折ると、ヘタ部分が白色になるので
緑色のマジックなどで色を付ける
もっとイチゴっぽくなります!!

あと、忘れてはいけないのがタネ

黒や白のペンで子どもに描いてもらうといいですよ。

普段イチゴの種は意識していないので
新たな発見ができるかもしれませんね!

冷蔵庫に苺があったら、見比べながら
種を描いてみるのもオススメです!(^^)!

–まとめ文–
折り紙で折るかわいい苺の作り方 まとめ

平面的なイチゴの折り方、
子どもにはちょっと難しかったかもしれませんね。

大人でも小さい折り紙と少し難しくなりますが、
15㎝の折り紙だったら余裕だと思います♪

たくさん折った苺でままごと遊びもできるし
頭に飾るとアクセサリ―っぽくて
ごっこ遊びにも使えて
女の子に喜んでもらえるのではないでしょうか♪

ぜひ子どもと楽しく折ってみてくださいね!